Dream

dsc_0340_dream

Why I keep the word “Shoot”?

 I fully understood the risk of the mis-translation of “Shoot”. I thought about not using the expression – “I’m a self proclaimed photo-shooting addict.”

However, I dare to use it.. as I have a dream…

I dream…one day, when people hear the word “Shoot”, they spontaneously take it as  ”Photo-Shooting” and not “Gun-Shooting”

 So this is my little silent challenge to use the word “SHOOT”.

Forget about Guns. Take your camera. Shoot the moment that last forever.

No Guns, No War but Peace. Light. Love.

Mariko xo

P.S. I’m not an activist or anything, but just a girl who loves photography, wishing you all for Peace, Light, and Love.

***

日本語で上手く言えるかわかりませんが。

私の名刺と、Aboutのページに使っている”I’m a self proclaimed photo-shooting addict”というフレーズ。

シューティングという言葉があまり良くないイメージを持たれるだろうリスクは承知しています。

それでも敢えて使っているのは伝えたい事・・・夢、があるから。

シューティングという言葉を聴いた人が銃の話でなく、自然に、あぁ、フォトシューティング(写真撮影)だな、と理解してもらえる。

そんな日がいつか来るといいな、という夢。そんな目立たないけれど小さなチャレンジを持ってこの言葉をわざと使っています。

別に活動家、とかそんなのではないのです。アメリカの近くに住んでいると嫌でも銃にまつわる恐ろしい事件が普通に耳に入ります。

そんな事件に子供達が巻きこまれているのを知らされる度に胸が痛みます。

命を一瞬で奪ってしまう銃なんて捨てて。カメラを持って長く残るその一瞬をシューティングしに出掛けよう。

No Guns, No War but Peace. Light. Love.

Mariko xo